水・住まい・環境に取り組む会社です。
設備保守・ビル管理

センサ・監視カメラ事業

センサとカメラの活用による経営改善

労働安全衛生や情報セキュリティ対策、そして多様化する顧客ニーズなどなど、法人や施設・店舗では、経営者や管理者の悩みは尽きないものです。

24時間営業のお店や個人情報の管理、従業員の安全や火災対策を講じる必要のある現場など、必ずしも完璧に対策や配慮ができているとは言えない施設も多いことでしょう。

弊社では、「限られた人材を有効に配置したい」「スタッフの安全と労務管理を的確に行いたい」「顧客満足度の向上に取り組みたい」などといった、経営者や管理者のお悩みやリスクマネジメントについて、各種センサや防犯カメラの有効的なご活用をご提案いたします。

 

最新防犯システムi-NEXT

i-NEXTとは、iPadやiPhoneを活用した遠隔マネージメントシステムです。

遠隔でリアルタイムの現場画像・動画、そして音声を確認したり、現場に指示を出したりすることのできるシステムです。

現場の問題や課題を見える化し、拠点を一括して集中管理するために非常に効果の高いシステムです。

外周警備

建物内の防犯対策は完璧でも、屋外の警備にまで手が回らないという法人様も多いことでしょう。

屋外駐車場や資材倉庫、製造工場や廃棄物リサイクル処理場、このような現場では盗難対策が非常に重要となりますが、こうした窃盗対策に最も効果的なのが「不審者を敷地内に入れさせない外周警備」となります。

人の目が行き届かない、あるいは人目につきにくい場所は、泥棒にとって「侵入しやすい現場」です。防犯カメラや屋外ビームセンサといったシステムを導入し、そしてその場所が「警備中」であることを知らしめることで、悪意ある侵入者を威嚇し、犯罪を未然に防ぐことにつなげます。

さらに侵入者に対して警報(サイレン)で威嚇する他にも、アナウンス音声で注意を呼びかけたり、緊急自動通報でスタッフに知らせてくれたりと、ニーズに合わせたシステム設計が可能です。

i-NEXTと連動させたシステムも構築可能ですので、外周警備・屋外の防犯対策でお悩みの企業様はぜひお問い合わせください

 

太陽光発電施設の遠隔監視

普段人が不在になっている設備として「太陽光発電所」が多く挙げられます。再生エネルギー普及の一翼を担う太陽光発電施設ですが、機械設備のメンテナンスや、周囲の管理、そして太陽光発電パネル本体や銅製の送電ケーブルなどの盗難対策など、実は意外と定期的な点検や監視が必要になってくる施設なのです。

不審者の侵入を未然に防ぐ屋外ビームセンサによる外周警備やネットワーク監視カメラ、そして音と光を活用した威嚇システムを連動させ、監視の目を緩めないことでトラブルを最小限に抑えることが可能になります。

また、太陽光パネル周辺の雑草・樹木、鳥の糞害を放置しない発電所として日々の管理を徹底することが防犯上においても非常に有効な手段となることから、弊社では、インターネット回線を活用したネットワークカメラと「i-NEXT」アプリケーションを連動させた監視システムをご提案しております。タブレットやスマートフォンを活用し、どこにいても状況が監視できるシステムで管理手間とコストが軽減でき、万が一のトラブル発生にも迅速に対応できるのです。

 

 

炎センサの活用

火災原因のトップは放火によるものです。事務所の財産や人命に危険が迫ることに加え、書類や情報システム機器が焼失することでその後の事業運営や納品状況などが滞り、事業継続性のリスクにもなっています。

よく火災警報器で用いられる煙検知器や熱検知器は、火災発生時の緊急避難を促す目的が主であるため、ある程度の火や煙が発生していないと検知できません。

そこで弊社では、可能な限り火災を未然に防ぐこと、そして火災発生初期段階での発見することを可能にする「炎センサ」を活用したシステムをご提案いたしております。

この「炎センサ」は10m先のわずか7cm程度の火柱でも検知することができ、火災の早期発見の他、火気厳禁の場所での火気使用(ライターなど)の発見に対して威嚇警告することでき、また通報システムや監視カメラシステム(i-NEXTも可能)との連動で、管理コストの低減を図りつつも、現場の火災発生リスクを最小限にしてくれるのです。

 

労災事故防止対策

人が急病、あるいは事故で転倒した場合、誰かが気づいてあげられれば良いのですが、死角の多い場所や夜勤の時などのことを考えると、必要以上のスタッフを手配することが難しく、管理者にとっては頭の痛いところだと思います。

そこで、自動化・機械化された一人作業の現場や、倉庫内などといった人目の少ない場所などでのトラブルを早期発見する「転倒検知送信機」の活用をご提案いたします。

ベルトに付けたセンサ内蔵の送信機が、ある一定以上の傾き(転倒)を検知すると、アラームで異常を知らせると同時に、無線で緊急信号を飛ばし事故の発生を伝えてくれます。

真夏の熱中症対策や、荷崩れ事故の早期発見など、企業や工場のリスク軽減に役立ちます。リースでのご導入も可能ですので、詳しくはメールフォームにてお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © 大金興業株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.