水・住まい・環境に取り組む会社です。
衛生管理

浴場衛生管理

衛生管理

不特定多数が関わる現場では、衛生管理が特に重要です。

しかしながら、実に多くの現場で誤った消毒・除菌の手法が横行し、その結果、食中毒やレジオネラ症、ノロウイルス感染症などといった菌・ウイルスによる事故が発生しています。

「今まで感染症事故を起こしたことがないから大丈夫」「ここはそんな不衛生なことをしていないから問題ない」と、知識の浅い担当者や責任者の思い込みが、二次被害を引き起こすことも珍しくありません。

私たちはそれぞれの現場リスクを判断し、適材適所の衛生管理をご提案いたします。

 

塩素の弱点

塩素(次亜塩素酸ナトリウム、次亜塩素酸ソーダ)の弱点、それは有機物と結合しやすいことにあります。

皮脂汚れや汗が多く存在する場所では、それら有機物(皮脂・汗など)と塩素が結合し、消毒効果が著しく低下します。

こういった現場で塩素の消毒効果を上げるためには、かなりの高濃度で運用する必要がありますが、塩素の強烈なニオイにより目・鼻・喉への刺激、咳症状、頭痛などの健康被害をもたらします。また高濃度の塩素は、設備に使用されている金属部やゴム部を腐食・劣化させてしまうのです。

つまり「消毒効果を上げるためには高濃度塩素を使いたいが、高濃度だと利用者からのクレームが発生する上、設備を痛めてしまう」ので、気休めに塩素を入れているだけという現場が非常に多いのです。

他にも、長く塩素を使用し続けると塩素に対して菌に耐性ができてしまい、消毒効果が半減してしまうことや、浴槽水に利用すると塩素が揮発しやすくなる(消毒成分が消失する)、水分が乾燥してしまうと消毒効果がなくなってしまう…、などといった衛生管理の現場に係る人であれば知っていなければならない基本知識程度のことすら理解せずに、不適切な衛生管理作業を実施してしまう業者だっているのです。

塩素消毒の落とし穴

次亜塩素酸ソーダ(塩素)と呼ばれる薬剤は、上下水道、プール、浴場施設の殺菌消毒の他にも、リネン・おしぼり業では殺菌漂白といった具合に、我々の生活に広く浸透しています。

皆さんが飲む水道水にも含まれており、非常に馴染みのある薬剤ですが、その一方で「塩素神話」とも言える過信と誤解によって、適切な衛生管理が行われていない現実があるのです。

次亜塩素酸ソーダは価格が安い上、食品添加物としても認められており、医療の現場でも用いられることからなんとなく安心という理由だけで消毒剤・殺菌剤として、その性質が理解されないまま使われているというのが現状です。

レジオネラ症の恐怖

「レジオネラ症」という感染症をご存知でしょうか。

レジオネラ属菌という細菌が原因で起こる感染症であり、これまで入浴施設での感染事例がたびたび報告されています。

レジオネラ症の症状としては、高熱や呼吸困難、吐き気、意識障害などが挙げられ、急激に重症化し死亡に至ることもあるのです。レジオネラ症による肺炎は健常者もかかりますが、免疫力の弱った状態の方や高齢者や幼児などは特に感染しやすく、重篤化しやすい傾向にあります。

そもそもレジオネラ属菌は自然界にも存在する菌なのですが、温浴施設に多く見受けられる循環式浴槽・濾過器などがレジオネラ属菌を繁殖させてしまいやすく、このような水あるいは空気中に分散された水の微粒子(エアロゾル)を吸い込むことにより、レジオネラ肺炎が引き起こされています。

 

正しい薬剤選定と衛生管理

このような通達が出されているにも関わらず、レジオネラ症の発症を防ぎ切れていないのが現状です。

公衆浴場はたくさんの方が入浴されます。浴槽水中には皮脂や汗、その他有機物質などが多く混入します。そのため、塩素系薬剤で適切に管理しているつもりであっても、消毒効果が著しく低下してしまうのです。

また、天然温泉などでは含有物質の他、アルカリ泉質が影響し、塩素系薬剤の効果がそもそも発揮されていないことも多いのです。

事態を重く見た厚生労働省も「公衆浴場における衛生等管理要領について(平成18年8月24日付け健衛発第0824001号厚生労働省健康局生活衛生課長通知)」において、以下のような通達を出しています。

「塩素系薬剤が使用できない場合及び塩素系薬剤の効果が減弱する場合のみに限定してそれらの消毒方法の使用を認めるというものではなく、塩素系薬剤が使用できる浴槽水であっても、適切な衛生措置を行うのであればそれらの消毒方法を使用できるという趣旨であるので、この旨御了知願いたい。」

弊社では、施設ごとに異なる浴槽水質や利用状況を調査させていただき、適切な衛生管理がいきわたるよう、薬剤の選定から確実な衛生管理手順に至るまでアドバイスをさせていただいております。

 

レジオネラを防ぐための施設管理

公衆浴場等の衛生管理は「公衆浴場における衛生管理要領等の改正について(平成15年2月14日付け健発第0214004号厚生労働省健康局長通知)」において、ろ過器や循環配管、貯湯槽などの衛生管理の強化が求められています。

そしてこの中で、浴槽水の水質については「レジオネラ属菌は検出されないこと(10CFU/100ml未満)」という基準が設定されています。

またレジオネラ属菌の増殖を防ぐために、以下のような管理要点も示されています。

1.循環ろ過装置は、1時間当たりで浴槽の容量以上のろ過能力を有し、かつ、逆洗浄等の適切な方法でろ過器内のごみ、汚泥等を排出することができる構造であるとともに、ろ過器に毛髪等が混入しないようろ過器の前に集毛器(ヘアーキャッチャー)を設けること。

2.ろ過器および循環配管は、1週間に1回以上、ろ過器を十分に逆洗浄して汚濁を排出するとともに、適切な消毒方法で生物膜(バイオフィルム)を除去すること。年に1回程度は循環配管内の生物膜の状況を点検し、生物膜がある場合には、その除去鵜を行うことが望ましいこと。

3.浴槽水の消毒に当たっては、塩素系薬剤を使用し、浴槽水中の遊離残留塩素濃度を頻繁に測定して、通常0.2~0.4mg/Lに保ち、かつ、遊離残留塩素濃度は最大1.0mg/Lを超えないように努めること。

4.原水もしくは原湯の性質その他の条件により塩素系薬剤が使用できない場合、原水もしくは原湯のpHが高く塩素系薬剤の効果が減弱する場合、またはオゾン殺菌等他の消毒方法を使用する場合であって、併せて適切な衛生措置を行うのであれば、塩素系薬剤以外の消毒方法を使用できること。

5.毎日完全に換水して浴槽を清掃すること。ただし、これにより難い場合にあっても、1週間に1回以上完全に換水して浴槽を清掃、消毒すること。

6.管理記録を3年以上保存すること。

…などが挙げられています。

 

GS-200(浴槽用)を用いた浴場衛生管理

「公衆浴場における衛生管理要領等の改正について」において、浴槽水の循環ろ過配管については、

年に1回程度は循環配管内の生物膜の状況を点検し、生物膜がある場合には、その除去を行うことが望ましいこと

と示されています。

弊社では浴場利用者だけでなく、施設の維持管理に当たる担当者様にとっても安全で、そして責任ある管理者様の負担を大幅に軽減する「GS-200(浴槽用)による浴場衛生管理」をご提案いたします。

これは、レジオネラ属菌の巣窟となりやすい、バイオフィルム(循環配管内に微生物が堆積し膜状になったもの)にすみやかに作用し、配管やゴムパッキンに影響をほとんど与えることなく洗浄が行える工法であり、安全性が高く、すすぎ水量が少なくて済むのが大きな特徴です。

なお、本作業実施後に水質検査を行い、万が一レジオネラ属菌が検出された場合は、無償にて再度清掃作業を実施させていただく「レジオネラ対策安心保証」サービスが付帯しております。

浴槽水の水質検査

千葉県某所におけるGS-200(浴槽用)による洗浄作業実施後の水質検査結果報告書

厚生労働省「公衆浴場における水質基準等に関する指針」では、浴槽水の水質基準について以下のように定められています。

  • 濁度は、5度以下であること。
  • 過マンガン酸カリウム消費量は、25mg/L以下であること。
  • 大腸菌群は、1個/ml以下であること。
  • レジオネラ属菌は、検出されないこと(10cfu/100ml未満)。
  • ろ過器を使用していない浴槽水および毎日完全に換水している浴槽水は、1年に1回以上、連日使用している浴槽水は、1年に2回以上(ただし、浴槽水の消毒が塩素消毒でない場合には、1年に4回以上。)、水質検査を行い、その結果は検査の日から3年間保管すること。

弊社では浴槽水の水質検査を実施し、その結果不適合であると判断された浴槽水に対して適切な衛生管理手法をご提案し、レジオネラ属菌等が検出されなくなるまで、根本解決を図ります。

【千葉県某所における浴槽水水質検査の事例】

項 目 作業前 洗浄作業実施後
濁度 1度未満 1度未満
過マンガン酸カリウム消費量 5.0mg/L 5.0mg/L
大腸菌群 300個/mL 不検出
レジオネラ属菌 1500cfu/100ml 不検出

浴場衛生管理についてのお問い合わせ・ご相談

浴場衛生管理は法令の他、設備や水質、そして薬剤に関する知識が複雑に絡み合っています。

弊社では安全で快適な浴場を利用者の方に楽しんでいただくため、また施設管理者様や責任者様が安心して維持管理にあたっていただけるよう、浴場衛生管理についてのアドバイスや作業指導を行います。

浴場衛生管理についてのご相談、ご質問がございましたら、メールフォームよりご連絡ください。

また弊社衛生管理薬剤の紹介サイト「spalux.jp」もございますので、こちらもご覧ください。

PAGETOP
Copyright © 大金興業株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.